院長コラム

院長コラム

出血のリスクって?

2017年05月01日

心臓病の患者さんにとって血をさらさらにするのは大切だといっても、血をさらさらにする薬を服用すると出血の心配はないのか?ということも気になります。確かに血をさらさらにする薬は、効きすぎると出血のリスクを増加させます。

出血しやすい特徴の方にはいくつかの注意すべき背景があります。血を固まらせる因子(凝固因子)の多くは肝臓で形成され、血液の中に存在しているので、肝臓の機能が低下している方では、出血しやすくなります。血圧の高い方も血管に負担がかかるので脳などの大きな出血の頻度が高くなります。老化とともに腎臓の機能が低下してきますが、腎臓の機能の低下している高齢の方も出血のリスクが高くなり注意が必要です。おそらく腎臓は血管の塊のようなものなので、腎臓の機能が低下している方は血管も少しもろくなっているのだと思います。

よく使う薬では、多くの解熱鎮痛薬が、食事では過度の飲酒が出血を助長するといわれています。もちろん適切な量を定期に忘れず飲みすぎないように服薬することも大切です。

 


一覧に戻る

CLINIC INFO

診療時間

土曜日午後・日曜日・祝日

* 新患の方の受付時間:
午前診11:30まで 午後診18:00まで

※水曜日午前、木曜日は連携病院にて不整脈カテーテル治療

なんばくろとびハートクリニック

〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

WEB診療予約はこちら

予約専用ダイヤル(再診のみ)

06-6634-7810

アクセスMAP

  • 不整脈の診断と治療
  • 高血圧・動脈硬化外来
  • 男性更年期障害(LOH症候群)

CLINIC INFO

診療時間

〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14 難波フロントビル10F

主な診療内容

  • 循環器内科

クリニック所在地

〒542-0076
大阪府大阪市中央区
難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

TEL:06-6634-7810

予約専用ダイヤル(再診のみ)
050-5840-7728

詳しくはこちら

WEB診療予約はこちら

  • 不整脈の診断と治療
  • 高血圧・動脈硬化外来
  • 男性更年期障害(LOH症候群)
このページの先頭へ

WEB診療予約はこちら