院長コラム

院長コラム

信じるものは救われる

2017年05月06日

薬の効果には、心因的なものが強く関係します。よい薬と思ってのめばその効果は大きくなり、よくないと思えば効きが弱くなり、その効果のことをプラセボ効果といいます。薬によってその効果は違うようですが、何割も有効性が変わってくることもあるようです。症状の改善だけにしぼると薬自体の効果より大きい場合もあるかもしれません。その効果を防ぐため最近の薬の有効性を証明する試験では、プラセボ効果をなくすためにどの薬かどうかをわからないようにして改善効果を判定しているのです。

一方、患者さんが薬局からもらっている薬の説明文をみますと、薬の副作用のことがずらずらと書かれています。神経質な方はそこにかかれてある副作用が気になってしかたがないようです。もちろん有効な作用と副作用をしっかりと理解した上で薬を服用することは大切です。しかし薬の効果をより有効にするには、副作用ばかりを意識するのではなく、良い部分に光をあててその有効性を信じて服用されることも大切なのだと思います。


一覧に戻る

CLINIC INFO

診療時間

土曜日午後・日曜日・祝日

* 新患の方の受付時間:
午前診11:30まで 午後診18:00まで

※水曜日午前、木曜日は連携病院にて不整脈カテーテル治療

なんばくろとびハートクリニック

〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

WEB診療予約はこちら

予約専用ダイヤル(再診のみ)

06-6634-7810

アクセスMAP

  • 不整脈の診断と治療
  • 高血圧・動脈硬化外来
  • 男性更年期障害(LOH症候群)

CLINIC INFO

診療時間

〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14 難波フロントビル10F

主な診療内容

  • 循環器内科

クリニック所在地

〒542-0076
大阪府大阪市中央区
難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

TEL:06-6634-7810

予約専用ダイヤル(再診のみ)
050-5840-7728

詳しくはこちら

WEB診療予約はこちら

  • 不整脈の診断と治療
  • 高血圧・動脈硬化外来
  • 男性更年期障害(LOH症候群)
このページの先頭へ

WEB診療予約はこちら