院長コラム

院長コラム

どん底からの復活

2019年04月17日

タイガーウッズ選手がマスターズで優勝しました。事故による負傷やプライベートのスキャンダル問題などを乗り越えての復活です。

ゴルフに興味がない人でも名前は知っていると思います。どのスポーツでもその競技枠を乗り越えたヒーローがいますが、ウッズ選手はその一人ですね。

手術後は横になってねることもできない位の状態でしたが、手術の後にゴルフのクラブを握ったときにもうすこしやれるのではないかと感じたそうです。

多くの人が彼はどこまでやれるのかを見守っていました。そしてこの復活劇により傷ついた人、年老いた人など多くの人の心に大きな勇気を与えてくれました。

ウッズ選手は44歳です。瞬発力に強く依存するスポーツは若い時代にしかトップアスリートとしてはやっていけないのでしょう。

ゴルフはその点少し位歳をとっても第一線で活躍できるスポーツです。

体力のみならず、精神力や繊細な技術が強く結果に影響を与えるからでしょう。そして経験の蓄積も大切です。

全盛期の力強いスイングは少しコンパクトで控えめなものに変わりました。歳に応じた戦い方があるのでしょう。

マスターズの最終日には、ずっと練習してきたことだけをきっちりプレーすること、自分は以前もこの場所に立ちきっちりと結果を出してきた経験があるのだと、心の中で言いきかせたそうです。

優勝でのスピーチでは、

「決してあきらめてはいけない。それしかない。あきらめたら、道はひらけない。ゴルフキャリアにおいても、人生においても、考え方を変えなければいけなかったから違う考えを持って取り組んでいる。毎朝目覚めて、いつも挑戦が目の前にはある。戦い続ければ、乗り越えられる」

と人生や肉体的な問題で苦しんでいる人々へのメッセージを述べられました。

病気のためにいままでのキャリアややりたかったことを諦めてしまった人もいるのだと思います。

若い人と同じやり方ではうまくいかないのかもしれません。しかし、いままでの経験をうまくいかし、少し工夫することにより自分の居場所は見つけることができそうです。

そして病気になり体力が失われたとしても、自分と向き合い乗り越えていくことによりさらに心は強くなるのだと思います。


一覧に戻る

CLINIC INFO

診療時間

土曜日午後・日曜日・祝日

※火曜日、水曜日午前、木曜日午後、第3金曜日午後 は連携病院にて不整脈カテーテル治療

なんばくろとびハートクリニック

〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

WEB診療予約はこちら

予約専用ダイヤル(再診のみ)

06-6634-7810

アクセスMAP

  • 不整脈の診断と治療
  • 高血圧・動脈硬化外来
  • 男性更年期障害(LOH症候群)

CLINIC INFO

診療時間

〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波4丁目7-14 難波フロントビル10F

主な診療内容

  • 循環器内科
  • 内科

クリニック所在地

〒542-0076
大阪府大阪市中央区
難波4丁目7-14
難波フロントビル10F

  • 地下鉄「なんば」駅徒歩3分

TEL.06-6634-7810

詳しくはこちら

このページの先頭へ

WEB診療予約はこちら